ITアウトソーシングとは?委託できる業務内容や基礎知識

ITアウトソーシングとは、企業が自社のIT関連の業務を外部の専門業者に委託することです。ITアウトソーシングには様々なメリットがあります。例えば、コスト削減、品質向上、スピードアップ、人材不足の解消、最新技術の導入などです。

しかし、ITアウトソーシングにはデメリットもあります。例えば、情報漏洩のリスク、コミュニケーションの課題、契約や管理の手間などです。ITアウトソーシングを成功させるには、自社のニーズや目的に合った信頼できるパートナー業者を選び、適切な契約や管理を行うことが重要です。

ITアウトソーシングとは

ITアウトソーシングとは、企業がIT分野にかかわる社内業務を外部業者に委託することを指します。ITアウトソーシングは、システムの開発・設計やサーバーの保守管理、トラブル対応などの運用管理業務など、委託できる業務は多岐に渡ります。

ITアウトソーシングの主な形態

ITアウトソーシングには主に以下の3つの形態があります。

スタッフオーグメンテーション

自社のIT部門に外部の人材を一時的に追加することです。自社がプロジェクトの管理や方針を決め、外部の人材がその指示に従って作業します。スタッフオーグメンテーションは、短期的な人材不足やスキル不足を補う場合に有効です。

プロジェクトベース

自社が必要とするIT関連のプロジェクトを外部の業者に丸ごと委託することです。外部の業者がプロジェクトの管理や方針を決め、自社はその成果物を受け取ります。プロジェクトベースは、特定の目的や期限がある場合や、自社に専門知識や経験がない場合に有効です。

マネージドサービス

自社が必要とするIT関連の業務を外部の業者に継続的に委託することです。外部の業者が業務の管理や方針を決め、自社はそのサービスレベルを評価します。マネージドサービスは、長期的なパートナーシップを築きたい場合や、自社にIT部門がない場合に有効です。

ITアウトソーシングで委託できる業務内容

ITアウトソーシングで委託できる業務内容は多岐にわたります。代表的なものを以下に紹介します。

テクニカルサポート

テクニカルサポートとは、自社の従業員や顧客が使用するIT機器やシステムに関する問い合わせやトラブルシューティングを行うことです。テクニカルサポートは、電話やメール、チャットなどで対応するリモートサポートと、現地で対応するオンサイトサポートに分けられます。

テクニカルサポートをアウトソーシングするメリットは、以下のとおりです。

  • サポートの品質や効率を向上させることができます。外部の業者は、テクニカルサポートに特化した人材やツールを持っているため、迅速かつ正確に対応できます。
  • サポートのコストを削減することができます。外部の業者は、サポートの規模や需要に応じて柔軟に人員やリソースを調整できるため、無駄なコストを抑えられます。
  • サポートの範囲や時間を拡大することができます。外部の業者は、自社では対応できない言語や地域、時間帯にも対応できるため、より多くの従業員や顧客にサービスを提供できます。

システムマネジメント

システムマネジメントとは、自社が使用するITシステムの運用や保守を行うことです。システムマネジメントには、サーバーやネットワーク、データベースなどのインフラストラクチャの管理や監視、セキュリティ対策やバックアップなどのリスク管理、パフォーマンスや利用状況などの分析やレポーティングなどが含まれます。

システムマネジメントをアウトソーシングするメリットは、以下のとおりです。

  • システムの安定性や信頼性を向上させることができます。外部の業者は、システムマネジメントに特化した人材やツールを持っているため、障害や問題を早期に発見し、迅速かつ適切に対処できます。
  • システムのコストを削減することができます。外部の業者は、システムマネジメントに必要なインフラストラクチャやソフトウェアを共有したり、最適化したりすることで、コストを抑えられます。
  • システムの最新化や拡張性を確保することができます。外部の業者は、最新の技術やトレンドに常にアップデートし、自社のニーズや環境に合わせてシステムをカスタマイズしたり、拡張したりできます。

システムデリバリー

システムデリバリーとは、自社が必要とするITシステムの開発や導入を行うことです。システムデリバリーには、要件定義や設計、開発やテスト、導入や移行などのプロセスが含まれます。

システムデリバリーをアウトソーシングするメリットは、以下のとおりです。

  • システムの品質や効果を向上させることができます。外部の業者は、システムデリバリーに特化した人材やツールを持っているため、高品質かつ効率的なシステムを開発し、自社のビジネスに貢献できます。
  • システムのリスクを低減することができます。外部の業者は、システムデリバリーにおける最新の技術やセキュリティ対策を把握しているため、システムの障害や不正アクセスなどのリスクを最小限に抑えることができます。
  • システムの柔軟性や拡張性を高めることができます。外部の業者は、システムデリバリーにおける様々なニーズや変化に対応できるように、システムのカスタマイズや追加機能の提供などを行うことができます。

ツール保守

ツール保守とは、企業が既に導入しているシステムやツールの保守や改修を外部の業者に依頼することです。ツール保守には、障害対応、バグ修正、機能追加、パフォーマンス改善などが含まれます。

ツール保守をアウトソーシングするメリットは、以下の通りです。

  • 常に最新の状態に保つことができることや、自社の人員や時間を他の業務に割くことができることです。しかし、ツール保守をアウトソーシングする際には、保守レベルやサービス品質を契約で明確にすることや、定期的にレビューすることが必要です。

コンサルティング

コンサルティングとは、企業がIT関連の課題や戦略を外部の専門家に相談することです。コンサルティングには、現状分析、課題解決策の提案、戦略立案などが含まれます。

コンサルティングをアウトソーシングするメリットは、以下の通りです。

  • 第三者的な視点や豊富な知識や経験を得ることができることや、自社の強みや弱みを客観的に把握できることです。しかし、コンサルをアウトソーシングする際には、自社の目的や期待値を明確にすることや、提案内容を実行できるかどうかを検討することが必要です。

まとめ

ITアウトソーシングとは、企業が自社のIT関連の業務を外部の専門業者に委託することです。ITアウトソーシングには様々なメリットがありますが、リスクもあります。ITアウトソーシングを成功させるためには、委託する業務内容や契約条件を明確にし、信頼できるパートナーを選ぶことが重要です。ITアウトソーシングで委託できる業務内容は、システムデリバリー、ツール保守、コンサルなどがあります。それぞれの業務内容には、メリットや注意点があります。ITアウトソーシングを利用する際には、自社のニーズや状況に合わせて適切な業務内容を選ぶことが必要です。

スータブル・ソリューションズのITアウトソーシングは、エンジニアが全て正社員である事を強みとしております。さらには1社のお客様を安心の専任エンジニア2名体制でサポートさせて頂いており、全社でのバックアップ体制も構築しております。今ある業務をITを活用して効率化・電子化したい、業務プロセスから見直して社内のDXを進めていきたい、セキュリティを強化していきたい、そんな課題も寄り添いながらコンサルティングさせて頂いております。社内に専任がいない、俗人化してしまったIT管理業務のバックアップをしたい、ネットワーク環境の見直しサーバーの入替から手伝って欲しいなど、サポート開始のきっかけは多岐に渡ります。

更に詳しく知りたい方は以下のページもご覧下さい。