1. HOME
  2. ITトピックス

企業の情報セキュリティ対策の始め方(4)

2014年9月10日

 次のステップは決まった方針や既定を関係者に伝えることです。関係者は従業員を始め場合によっては、取引先も含まれます。従業員には情報の取扱いに関する基本や、企業で決めたポリシー、規定などを教育します。情報セキュリティの対象となる情報の取り扱いに関係する取引先には、情報セキュリティポリシーを伝え、重要な情報の取り扱いに対しては取り決めを交わす必要があります。

 従業員への周知に関してはポリシーや既定の文章を配布するだけではなく、研修などを通じて情報セキュリティに対する理解を深める必要があります。情報セキュリティに係る事故についてはシステム上の問題もありますが、ヒューマンエラーやモラルの問題で発生する場合が多く見受けられますので、従業員に対する教育は重要なものと位置づけられます。

 また従業員に対する守秘義務契約や情報セキュリティ関する誓約書を交わすことも必要と考えられています。

お見積り依頼・各種お問い合わせ・無料診断の詳細についてはこちら ご不明点やお困り事、無料診断についてなどお気軽にお問い合わせください!

  • お見積り・お問い合わせ
  • 無料診断のご案内
  • お電話でのお問い合わせ 0120-806-827

Page Top