1. HOME
  2. ITトピックス

Windowsのサポート期限

2014年7月15日

 今年、2014年4月にWindows XPのサポート期限が終了になり、ほとんどの企業ではOSの入替に伴いPCをリニューアルしたものと思います。Windows Server 2003についてもサポート期限が2015年7月14日までと発表されており、新しいOSへの切替が急がれています。サポート期限を過ぎるとOSのセキュリティアップデートが受けられずにコンピュータウィルスやPCの乗っ取り等の危険にさらされることになりますので期限までには切替を終了させたいものです。

 現在多くの企業で利用されているWindows 7 に関しても、サポート期限が2020年1月14日までとされており、延長が無ければ来年の1月でサポート期限までの期間が5年を切ってしまうことになります。企業では大体4年から5年ほどPCを利用する場合が多く、来年以降に購入するPCについてはライフサイクルを考えてWindows 8の導入を視野に入れる必要があります。Windows 8はWindows 7からのユーザインターフェースの大幅な変更の影響で導入が避けられてきましたが、サポート期限問題や、多くのソフトウェアやドライバがWindows 8に対応してきたことを考慮すると、Windows 8の導入をそろそろ検討する必要がありそうです。

お見積り依頼・各種お問い合わせ・無料診断の詳細についてはこちら ご不明点やお困り事、無料診断についてなどお気軽にお問い合わせください!

  • お見積り・お問い合わせ
  • 無料診断のご案内
  • お電話でのお問い合わせ 0120-806-827

Page Top