1. HOME
  2. ITトピックス

Windows 8タブレットの種類とメリット

2014年6月26日

最近タブレット端末でWindows 8を搭載した機種の発売が目立っています。 Microsoftが9インチ未満のタブレット端末へのOS提供を無償にすることが発表され、それに基づいた低価格のWindows 8タブレットの発売が後押ししていることもその理由です。 Windows 8のタブレットでは大まかに3つのパターンがあるのでその特徴を下記にまとめてみます。

『画面サイズが10インチ以上のタブレット』
 高機能なモデル(Microsoft Surface Pro等)が多くモバイルノートPCの代替として遜色のないスペックの機種が発売されています。メインのPCの代替としても耐えられる仕様の製品もあります。高機能の為、価格は若干高めになります。サイズが大きい分重量も少々重めになります。

『画面サイズが9インチ未満のタブレット』
 OS提供の無償化を受けて低価格のモデルが多く発売されています。画面は8インチサイズが多い為、メインのPCのサブとしてモバイル用途に使用することに適しています。またCPUの性能やメモリ搭載量が少ないモデルが多いので、処理速度が遅いことが難点と言えます。

『Windows RTタブレット』
タブレット専用のOS。Officeソフトが含まれるため割安感がありますが、デスクトップ環境が利用できない、既存のWindowsのソフトウェアが利用できない(Windowsストアアプリのみ使用が可能)等の制限がある為に、あまり普及しませんでした。低価格なモデルが販売されていますが、お勧めは出来ません。

モバイルで利用することを考えると、モバイルルータやスマートフォンのテザリング、SIMカードが入る端末の利用等のインターネットに繋がる環境は必須になります。 Windows 8タブレットはOfficeソフトや様々なWindows用のビジネスソフトの利用が可能なことや、基本Windows OSなので管理が容易なことから、ビジネス用のモバイル端末としてこれから広く普及していくことが予想されます。

お見積り依頼・各種お問い合わせ・無料診断の詳細についてはこちら ご不明点やお困り事、無料診断についてなどお気軽にお問い合わせください!

  • お見積り・お問い合わせ
  • 無料診断のご案内
  • お電話でのお問い合わせ 0120-806-827

Page Top